楽睡口コミ・評判サイト
今まで何を試してもダメだった人が最後に辿り着いた運命的なサプリメント
楽睡の口コミ

テアニン、グリシン、トリプトファン睡眠サプリ主要成分の効果の違いを徹底解説

テアニンやグリシン、トリプトファンはそのどれもが睡眠を取る上で効果的な役割を持っている。

だからこそ、どのサプリを購入するか迷っている人もいたのではないだろうか。

その全てが最終的に与えてくれる結果は実は同じで、全て『スムーズな入眠=入眠潜時の減少』をもたらしてくれるのだ。

テアニン興奮作用を抑えたり、睡眠に適した脳波推移を促してくれる

グリシン深部体温を低下させる作用により、皮膚体温との差が縮める働きがある。

トリプトファンは眠くなる成分であるメラトニンの材料であるセロトニンを作り出す

これらの役割のおかげで、快適な入眠を促してくれている。

睡眠サプリはどれを売りにされているかが異なってくる。

自分にあった睡眠サプリを選べるように参考にして見て欲しい。

リラックス効果を重視するならテアニン

「日本生理人類学会誌,Vol9,No4,2004」に掲載された論文『アンチグラフを用いたL-テアニンの睡眠改善効果の検討』、尾関誠氏著によると
興奮作用の抑制に関して

カフェインによる自律神経系の興奮作用を抑制作用を抑制する

報告されている。

また、同様に脳推移についても

脳の活発な活動期に見られるβ波が減少し、α波が増え睡眠段階1を特徴づけるθ波へ移行する

と報告されている。
『アンチグラフを用いたL-テアニンの睡眠改善効果の検討』リンク

要するに、潜在的な部分にまで働きかけ寝るための最高の状態を作り出すイメージだ。

これを日常生活で何かを心がけて作りだすことは難しい。

リラックスした状態で眠りにつくことができれば、睡眠時に目が覚めることも少なくなる。

眠り全体をとおして、効果的である。

深部体温のコントロールならグリシン

グリシンは深部体温の低下に大きな影響を及ぼす。

そもそも深部体温とは何なのか。

深部体温とは

深部体温は筋肉や内臓による熱生産による、身体の内部における体温のことだ。

そして、深部体温とは逆に皮膚体温があり、体の表面の体温のことでる。

深部体温は入眠に近づくにつれて、低下する。

逆に皮膚体温は入眠に近づくにつれて、上昇する。

そして、深部体温と皮膚体温の差が小さければ小さいほど眠気が発生する。

スムーズに入眠できるため、これも睡眠の質がよくなるのだ。

ホルモンに寄り添うならトリプトファン

睡眠に関わるホルモンとしてメラトニンがある。

メラトニンは夜になると増え、さらい暗いところでも増え、眠気を誘うホルモンである。

しかし、メラトニンはセロトニンという成分を材料にするので、夜メラトニンがたくさん分泌されるためには、セロトニンがたくさん必要になります。

セロトニンはメラトニンとは逆で、日光に当たると分泌される成分である。

そして、そのセロトニンの材料となるのがトリプトファンなのだ。

結局の所、どれだけ日光に当たり、部屋を暗くして寝ようがトリプトファンがなければ寝ることができない。

トリプトファンは土台となるので、必須ということがわかる。

適したサプリメントを選ぼう

サプリメント選びをする上で、何を必要とするのかが重要である。

これまでの説明を見て、何を欲しいと思っただろうか。

テアニンなら楽睡

リラックス効果を得たいなら楽睡だ。

テアニンが他のサプリと異なり、圧倒的に含有量が多く300mgに達する。

詳細ページ

グリシンならネムリス

グリシンの含有量が圧倒的に多いです。

詳細ページ

トリプトファンならスヤナイトα

トリプトファンをかなり重要視しています。

詳細ページ

面倒なことをカットするためにサプリメント

サプリメントを選ぶ上で最後に重視して欲しいことは、時短である。

面倒なことをカットしてしまうという考え方。

必要なものは必要でわかったと思いますが、それでも選べない場合どれが面倒かを考えましょう。

楽睡なら、カフェインを取らないことを徹底できれば、必要ありません。

ネムリスなら、足湯やシャワーで身体を温めれば深部体温を下げる促進作用が得られるので必要ありません。

スヤナイトαなら、トリプトファンはアミノ酸なのでタンパク質を摂取すれば作りだせるので、入りません。

どれが楽で、どれが大変かで選んでみてはいかがでしょうか。

楽睡

ネムリス

スヤナイトα